【過去現在未来過去に行っちゃうお話】バック・トゥ・ザ・フューチャー

【過去現在未来過去に行っちゃうお話】バック・トゥ・ザ・フューチャー
公 開   Part1  1985年  Part2 1989年  Part3 1990年
時 間  116分  108分  118分
出演者  マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド

あらすじ(Part1のあらすじです)

1985年、ヒルバレーの街で暮らすマーティはバンドマンを夢見る高校生。ある日、友人で科学者でもあるドクから、完成したタイムマシーンの実験をするため手伝うよう連絡が入る。

その夜、マーティとドクはデロリアンを改造して作られたタイムマシンの実験を成功させ喜んでいたところに、プロトニウムを入手するためにドクが騙したテロリストが仕返しをしに来てドクを射殺してしまう。

無我夢中でデロリアンに飛び乗り逃げ回るマーティ、その時に次元転移装置が1955年11月5日に設定され、デロリアンは加速し、そのまま過去にタイムスリップしてしまう。

30年前のヒルバレーに来てしまったマーティは、ドクを訪ねて1985年に帰してほしいと訴えるが、タイムマシンを動かす燃料となるプロトニウムがないから無理だと言われる。

ただ、プロトニウムに匹敵する稲妻でもあれば帰せるが、稲妻はどこに落ちるかはわからないと言う。しかし、マーティは1955年、ヒルバレーの時計台に落雷があることを知っていた。

そこで、ドクはマーティを1985年に帰すべく計画を立てるのだが、一つ問題が起こる。

マーティは若い頃の両親が出会うタイミングに自分が出くわし、母親が自分に恋をしてしまった。

過去が変わったことでマーティの存在が少しずつ消えていっていることが判明し、落雷が起こる前に両親を結びつけなければならなくなった・・・。

みどころ

タイムトラベル

今でこそタイムトラベルやタイムスリップ系の映画はたくさんありますが、1985年代当時はそれほどなかったと思います。

ですから、過去に行ったり未来に行ったり、現在に戻ったかと思ったらまた過去に戻ったりと、頭の中が混乱しそうになりつつも、考えるとよく出来た話で、私がこの映画を初めて観たのは小学生の時でしたが、それはもう本当にワクワクドキドキして観ていたのを思い出します。

Part1では過去に戻るのですが、Part2では未来に行きます。そして、Part3では西部時代の過去に行きます。

Part1はテレビで観たのですが、Part2は映画館で観ました

Part3があるとは知らなかったので、Part2の最後でまた振り出しに戻った時には「えーどういうこと??」という驚きと、「Part2で終わらないんだぁー、次の回まで待ちきれないよ」という残念な気持ちがあったのを覚えています。

なぜなら、Part1を観てからPart2まで数年あって、ようやく待ちに待って観たPart2だったので、更に続きがあると思うとまた何年待たないとならないのだろう・・・と思ったからです。

でも、Part2からPart3まではすぐに上映されました。

映画は6年がかりで上映されましたが、内容は一晩での出来事なのですよねぇ。

Part2が描いていた未来

Part2では未来に行きます、2015年の未来です。

この映画での2015年は天気予報が秒単位でピタリと当たったり、地面に浮いたスケートボードのようなホバー・ボードというものがあったり、車も空を飛んでいました。

残念ながら、本当の2015年はまだそこまではいってませんでしたが、当時はそんな未来が来ることにもウキウキしていました。

余談ですが、私がPart2を観たのは小学生の時ですが、あの頃は映画と現実との区別があまりつかなかったので、ホバー・ボードは既に売っているものと思って、探したのを思い出します(苦笑)

ちなみに「ラピュタ」を観た時も小学生の時でしたが、ずっと空を見てラピュタを探しました・・・(汗)

感想

「バック・トゥー・ザ・フューチャー」は私を映画好きにさせた映画の一つです。

小学生の時この映画を初めて観て、どれ程ワクワクしたかわかりません。

「もし過去に行けたら・・・もし未来に行けたら・・・」とそう考えるだけでウキウキしました。

例え現実にはそんなことが不可能でも、映画の中ではそれが可能であったので、映画を観るたび現実を忘れて夢を観ているような気分でした。

私が映画を好きになった理由の一つに「現実逃避」というのがありました。

現実にはないことが映画の世界では可能になる、少しでも現実の嫌なことを忘れられる、知らない知識を得ることができる・・・などなど、私は映画のそんなところが好きです。

この「バック・トゥー・ザ・フューチャー」は一生私の心に残る映画の一つです!

もし、観ていない方がいらしたら、絶対に観て下さい。

こんな人にオススメ

  • タイムトラベル系映画が好き
  • 現実逃避をしたい
  • ハラハラドキドキの映画が観たい
  • 名作映画が観たい

「バック・トゥー・ザ・フューチャー」を観るには

ディスクをレンタルするか、購入することをオススメいたします!

TSUTAYA DISCAS